賃貸マンション経営って何?

入居者が支払う家賃が利益になるというのが、賃貸マンション経営となっています。
ですから、入居者が多くなるほど、安定して家賃収入を得ることができるようになります。

ただし、賃貸マンション経営をしていく場合、管理費などといった経費も必要になります。
ですから、家賃収入の中から、必要になる経費をやりくりしながら、経営をしていかなくてはなりません。

経費というのは、入居者が多くても少なくても金額は変わりません。
それに土地を所有して建物を所有しているわけですから、当然固定資産税も支払わなくてはならないですし、賃貸マンションの建築や土地をローンで購入しているのであれば、毎月ローンも返済していかなくてはなりません。

ですから、入居率を高めるようにしなくては、利益どころか赤字になってしまう可能性が高くなってしまいます。
また、賃貸マンション経営をしていくのであれば、建物の修繕費や維持費だって積み立てるようにしなくてはなりません。

ですから、ある程度家賃収入を得るようにして、経費を上回るようにしなくては、赤字経営になってしまうのです。
また、マンションを用意しなくてはならないわけですから、初期費用として必要になる金額も相当大きなものになります。

ですから、一括払いではなく住宅ローンでマンションを建てたということがほとんどでしょう。
住宅ローンで建てた場合、毎月必ずローンを返済していかなくてはなりません。
ですから、ローンを組むにしても、ある程度まとまったお金を頭金にしなくては大変なことになるかもしれません。

マンションだって、年月が経過をすればどんどん老朽化してしまうものです。
老朽化をしてしまったら、修理をしなくてはならないですし、色々な費用がかかってしまうのです。
ですから、賃貸マンション経営をしていくのであれば、いかに収入を得て、その収入でマンションを維持していくのかをしっかりと考えるようにしなくてはならないのです。

関連記事:

    None Found

更新情報