正社員として宅配ドライバーの仕事をしたい

宅配ドライバーの求人を見ていると、大体の場合はアルバイト契約からスタートをすることになります。
宅配ドライバーの仕事というのは、結構過酷な業務となっているため、最初から正社員として雇うのは、会社としてもリスクが伴ってしまうのでしょう。

宅配業者の多くは、まずはバイトとして働いてもらい、正社員として勤まるだろうと判断されてから正社員として雇ってもらえるということがほとんどとなっています。
アルバイトで経験を積んでから、正社員として働くということがほとんどですから、離職率も低いです。

ですから、正社員として宅配ドライバーになりたいのであれば、アルバイトとしてスタートをして、会社に認めらてもらうようにしなくてはなりません。

宅配ドライバーというのは配達をするだけが仕事だというわけではありません。
集荷をしたりしなくてはならないですし、仕分けをするという場合もあります。
また、配達数が多くなると歩合給をもらうことができるということも多いですね。

以前は、宅配ドライバーというと、勤務時間超過をするということが多かったのですが、問題視されてから深夜まで働くということはほとんどないでしょう。
配達が忙しい時期になったとしても、正社員の履くはいドライバーは勤務時間が過ぎそうになったら、帰らせてもらうこともできますし、以前よりも休日も増えてきています。

また、多くはありませんが、正社員として宅配ドライバーをしていると、ボーナスを毎月もらうことができるということも多いです。

かなり体力がなくては宅配ドライバーをすることができないのではないかと思っている人もいるかもしれませんが、体力がないとできないというわけではありません。

また、以前から宅配ドライバーというのは正社員になると給料が良いといわれていますが、以前ほど高月給をもらうことができるというわけではなく、どちらかというと有料は安いかもしれません。

営業所によっても勤務時間は違っていますし、忙しい時期になると5時には出金をして配達や仕分けをしなくてはならないということもあります。
また、営業をするということも、正社員の宅配ドライバーの仕事になっており、結構ハードな仕事です。l
ですから、体力よりも精神力やスタミナが求められる仕事ではないでしょうか?

関連記事:

    None Found

更新情報